中学受験の経験談

中学受験、私には経験が無くまた全くの未知の世界です。
おそらく私たちの同世代の方達で中学受験を経験した、という方はほんの一部の方達でしょう。
最近になって知り合いの方の子供さんが中学受験をし、見事志望校に合格しました。
その時のお話を聞かせていただくことが出来たので少しご紹介出来たらと思います。

子供さんが中学受験を意識するようになったのは小学校4年生の春。
最初のきっかけは親御さんが与えたそうです。 今後、今同じ小学校のお友達と同じ中学校に通うのが一般的ではあるが、中には沢山勉強をして受験という形を経て入学する別の中学校があるということをお教え、そこに入るにはかなりの努力が必要であること。しかしそこへ通うことにより今後自分の進みたい道が決まって来た時に、少しでも選択肢が増える可能性が高いことを伝えたそうです。
無理強いする気は全く無く、あくまで子供さんの望むようにしてあげようとの考えでいたそうなのですが、その子供さんはご両親のお話を聞いて受験の道を選択しました。
受験を決めたその日までスイミングなどの習い事はしていたそうですが、翌日から受験対策の為の塾探しを始めたそうです。
今の時代、塾を経営する会社は数多あり、その中から志望校に合格出来るような勉強システムをとっていること、そして我が子との相性をみながらの塾探しは大変だったようです。

塾が決まったその日から受験対策の始まりです。
学校の宿題に加え、塾からもかなりの数の宿題が出されて帰ってきます。
ただでさえ塾の終わりが遅い時間なので、自宅に帰ってから出来るものには限界があります。 そこで塾の宿題を学校に持って行き、授業と授業の合間の休み時間にその宿題をこなしていた、とのことでした。
普通の子供であれば、おそらくまずそこが耐えられないでしょう。
学校は友達もいる楽しい場所。そこでの休み時間は貴重なコミュニケーションをはかれる場であるにも関わらず、それを宿題をこなす時間にまわさなければならないというのは強い意思があったればこそ出来たことではないでしょうか。
そして夏休み、冬休みといった長期休暇の大半も塾に費やされていきます。
高校受験であれば、同級生全員が高校入試という目標に向かっているのでほぼ同じスタンスにいます。
ですが中学受験であれば、まだ受験をする子供の数は1クラスあたりでも少ない為、クラスの仲間や友達が遊んでいる時間に一人勉強することになります。
小学4年生から受験終了までの約3年間、をのモチベーションを維持していかなければならないことも苦労の一つだと話していました。
そして塾への送迎。 ほぼ毎日のことであり、一人っ子であればつきっきりで対応出来たのでしょうが、兄弟がいるとなかなかそうはいきません。
下の子が犠牲になることも多く、いつも頭を悩ませていたと言いました。
幸いにもこの知り合いの子供さんはもともと勉強が好きだったようで、途中で放棄したり泣き言を言うこともなく、塾の指導に従いスムーズに受験に至ることが出来たようです。

中学受験は高校受験とは異なり、幼いが故の苦労、家族のサポートが高校受験の倍程度は必要になる、ということなど貴重なお話を聞かせていtらだくことが出来ました。
この情報が中学受験を検討されている方、これからの方の参考になりましたら幸いです。