中学受験の疑問ついて

以前なら「お受験」といったら高校受験!というイメージがありましたが、今や世の中は「中学受験」ブームです。
自分達の頃には中学受験なんて稀の事。いざ子供に中学受験をさせたいけどどうしたら良いんだろう?と悩んだ事はないでしょうか?
基本的過ぎて人には聞けない、そんな疑問をまとめてみました。

塾にはいつ頃から通わせたら良いの?
大手進学塾では、4年生から中学受験のカリキュラムが組まれているそうです。早いところでは1年生から組まれているところもあるそうです。吸収率の良い時期から通わせるのが良いようです。
しかし、無理矢理通わせるのは学力向上には繋がりにくいでしょうから、家庭での学習姿勢を身につけさせた後、通わせた方が実力が身に付くらしいです。

公立と私立の中学校との違い。
公立と私立では教育方針が全く違います。公立では3年の間に2年間で学習をし残り1年で高校受験に向けての学習を行っていますが、私立では中高一貫で6年間。時間を掛けて独自のカリキュラムで効率良く学習していく事が出来るそうです。学力に応じてのクラス分けを行う場合もあるので、学力の差で苦しむ事もなく勉学に励めるのです。スポーツにしても、高校受験が無い為、その分専念出来るという利点があります。付属の中学校に進学出来れば、受験も無く大学まで進めるのです。

我が子の将来の事を考えると、私立に進ませた方が良いのではないかと思うのは当然だとは思います。
しかし、公立と私立の学費では、公立の倍以上の費用が必要となるようなのです。
勉強熱心な家庭なら、迷わず中学受験をさせるのでしょうが、一般家庭では子供を育てていく上での問題になりますね。
周りが塾に通わせるから・受験させるからでは、子供は何故そんな事をしなくてはならないのか、やらさせれているだけで勉強にも身が入らないでしょう。

まずは、なによりお子さんとしっかり話し合いをする事が大事です。
押し付けではなく子供の意志を聞いてあげましょう。その上で、きちんと説明をし、互いに理解し合いましょう。
高校受験は自分の意志で努力出来ますが、中学受験は、まだ幼い我が子を家族一丸となってサポートしていかなくてはなりません。
時には叱る事もあるでしょうが、ストレスを溜めないよう余裕を持って、お互いをケアしつつ挑む事が大切だと思います。

しかし、お子さんが未成熟で難しいと思う場合は焦って無理に受験をさせる事はないのです。
高校受験からでも遅くはないようですから。